野鳥、昆虫達を中心に自然の移ろいを・・・
 Homepage 

自然の栞

 野鳥、昆虫、植物その他、撮りためた画像を公開しています。
 
 
 京都府カテゴリーでは絶滅危惧種に指定されています。 
 環境省カテゴリー準絶滅危惧(NT)
 近畿レッドデータブックカテゴリー絶滅危惧種A
 近隣地区では普通に見られる所があります。

asaza2205031.jpg

セスジイトトンボ・・・その先にはハネナシアメンボ。
asaza2205032.jpg
 もうあちらこちらで満開のようです。コウホネは水中葉が美しく、よく熱帯魚水槽の水草ディスプレイにも利用したことがあります。根茎はワサビに似て内部が白いことから白骨のようにも思え、この名がついたとされています。

kouhone2205032.jpg

kouhone2205031.jpg
 万年草と言う名は強くて枯れないところからきているそうです。折れた枝からも発根します。
 グランドカバーに利用されていますが、逃げ出して野生化しています。

mekishikomannengusa2205031.jpg

mekishikomannengusa2205032.jpg
 小枝、葉が車輪のようで梅に似た花から車輪梅。樹皮は大島紬の染料の材料にもされています。花弁が汚れていて残念。イチモンジセセリは最も普通に見られるセセリ蝶の一種ですが、いつも`蛾`に間違われて可哀そうな種です。

sharinbai2205031.jpg

sharinbai2205032.jpg
 花弁は透明感があり薄紙で作ったような造花のようにも見え美しい。虞美人草とは別名ですが、夏目漱石が散歩中に心を惹かれて買った花の名を花屋さんに訪ねて小説の題名にしたそうです。
「虞美人」とは中国史上の三大美女の一人の名。

hinagedhi2205031.jpg

hinagedhi2205032.jpg

 ネモフィラの側には派手な花が・・・ご近所の方がたねを蒔かれているのでょう。

americanadeshiko2205032.jpg

americanadeshiko2205031.jpg
 昨年、見つけた場所でまた咲いていましたが、天気が良すぎて白飛び多発。色も出ず。昨年のようには撮れませんでした。

Nemophila2205033.jpg

Nemophila2205031.jpg

Nemophila2205032.jpg
 近年はミツバチが集まる蘭として有名になりました。証拠写真となりましたが、約30年程前に東洋蘭の一種として購入したものです。中垂れで葉先がよじれ、爪覆輪をかけます。該当する種に心当たりはあるのですが、購入した時は名称がありませんでした。
 コロコロとした花はそれなりに可愛いのですが香りがありません。強健種で私宅では雑に扱われています。これ以上鉢数が増えるのが困りますので、先月初め、大株一鉢にしようと植え替えたのですが・・・結局は3鉢になってしまいました。

kinryouhen2205021.jpg

kinryouhen2205022.jpg
 近年はあちらこちらで見られるようになってきました。

kirishimatsutsuji2204201.jpg
 低山ではエビネの花盛り。

jiebine2204201.jpg

 自宅のキエビネ、エビネ。雨でキエビネの花も痛み、花柄はこの後全て抜いて花瓶で楽しんでいます。

ebine2205021.jpg


 イカリソウにしては花が小さく、色も白い・・・どうやらバイカイカリソウのようです。

baikaikarisou2204201.jpg

アンバークイーン (Amber Queen)・・・交配種です。

ikarisou Amber Queen2204201
 普賢象より濃色の系統を紅普賢、紅普賢象とされています。普賢とは普賢菩薩であり、普賢菩薩が乗っている象に変わり葉が似ているところからついた名のようです。室町時代から記録が残るかなり古くからある品種です。

satozakura benifugen2204204

satozakura benifugen2204201

satozakura benifugen2204202

satozakura benifugen2204203


 よく見かける八重。花の中央に変わり葉ができるのが特徴です。

satozakura fugenzou2204202

satozakura fugenzou2204201
 ルナリア(ゴウダソウ)はドライフラワーで有名だそうです。アゲハが良いモデルになってくれました。

runaria2204201.jpg

runaria2204202.jpg
 自宅ではガンゼキランの開花が始まりました。

ganzekiran2204232.jpg

ganzekiran2204231.jpg
 和紙の原料としても有名。樹皮が丈夫です。甘い香りの小花が固まって咲いています。良く見ると花弁がありません。原産地は中国からヒマヤラ。

mitsumata2203301.jpg

mitsumata2203302.jpg
 エリカで通用しているそうです。近寄ってみると愛らしい花です。黒い葯がチャームポイント。この日は快晴で風も強く、白トビ、ブレ多発で撮影は早々にあきらめました。

janomeerika2203301.jpg

janomeerika2203302.jpg
 近所では八重が満開。今年も色々な種の桜を撮っていますが、人も多いし撮影が難しい種です。自然な姿の大木を広角でいつかはじっくりと撮ってみたいものです。

shidaresakura2203301.jpg

shidaresakura2203302.jpg
 別名、オオアラセイトウ、ハナダイコン。中国原産の帰化植物。

murasakihanana2203301.jpg

murasakihanana2203302.jpg
 散歩していると良く見かけます。花期が長いので印象に残りやすいのでしょう。帰化植物。小型のヒメツルニチニチソウも野生化しているらしいのですが、まだ違いがよく分かりません。

tsurunichinichisou2203301.jpg